お金の問題を事前に解決!税理士相談で悩みを吹き飛ばす

電卓を持つ人

お金などに関する悩みはプロに相談

子供の教育費や自らの老後資金、ローンなどの借金問題、財産問題など人生に悩みは尽きません。こういった悩みは自分だけで解決しようとせず、税理士やファイナンシャルプランナーなどプロに相談すると返って良い結果が得られることがあります。税理士にはファイナンシャルプランナーの資格も同時に取得している方も多く、そういった相談を得意にしている方もいらっしゃいますので自分だけで悩まず、ものは試しで相談してみるのも良いでしょう。また、司法書士や弁護士には、家族信託に関することも相談できます。

家族信託のメリットランキング

スーツの人
no.1

本人の判断能力喪失前から財産管理を託せる

成年後見制度による成年後見人は本人の判断能力が衰えるまでは財産管理を行うことができません。しかし家族信託ですと、本人がまだ元気なうちから財産管理を託すことができ、その後本人の判断能力が衰えたとしても本人の意思確認手続きを要せず、例えば次の財産管理の担い手がいるならば、今度はその人主導による財産管理や処分が実行できます。

no.2

財産管理の自由度が成年後見制度に比べ高い

成年後見制度では家庭裁判所への定期報告がありますし、資産の組み換えなども原則行うことができません。しかし、家族信託では本人が元気なうちに作成した信託契約書に記載された本人の希望や方針に反しない限り、財産管理の担い手は本人の希望に即した財産管理が行えます。また、その範囲内で資産の組み換えなども行うことができます。

no.3

相続人が亡くなった後の財産処分についても指定できる

財産を誰に相続させたいかを決める方法として一般的に遺言が広く知られていますが、遺言では自分の財産を誰に相続させるかまでは指定できても、その相続させた者が亡くなった後の財産処分までは決めることができません。しかし、家族信託ではいわゆる二次相続まで指定することが可能ですので、相続者が亡くなった後の財産処分についても指定することができます。

no.4

相続者が認知症などになった場合でも安心

例えば、財産を認知症の妻に相続させたい場合など家族信託では上でも述べましたように信託契約書の範囲内での財産管理を行うことができますので、信託の仕組みの範囲内で引き続き妻の生涯にわたる財産管理・生活資金サポートをすることが可能です。これに対し、通常の遺言による相続では妻が認知症になってしまうとその妻に対して成年後見人を付ける必要が出てきてしまいます。

no.5

不動産の共有回避などが可能

将来、相続不動産が何らかの理由により、兄弟や親族間で共有せざるを得なくなった場合に共有者全員の同意がうまく得られれば良いのですが、うまく足並みがそろわずにトラブルになったり、相続不動産が塩漬け状態になったりすることはよくあります。そういったトラブルを避けるために家族信託を利用しますと信託契約書の範囲内で不動産が有効活用できたり、ベストなタイミングで処分できたりします。

財産問題の次は自己破産問題!無料相談を活用しよう

財産に関することを考える人もいれば、借金に悩む人もいます。借金返済のめどが立たず、自己破産に思いが至った場合には慌てず無料相談を活用することをお勧めします。弁護士などに相談するのは敷居が高く、お金がかかるイメージがありますが、実際には無料相談を受け付けている弁護士はたくさんいます。まずは、法律事務所の無料相談窓口などに電話してみましょう。