HOME>イチオシ情報>困ったフランチャイズ問題は弁護士が解決可能!

フランチャイズ問題は弁護士に任せよう

フランチャイズで店を持って一国一城の主になると言われますが、実際にはオーナーの長時間労働や本部へのリベートの支払いなど多くの問題があります。こういった問題はオーナー一人で立ち向かっても簡単には解決しません。フランチャイズ問題に詳しい弁護士に相談するのが問題解決への近道です。

困ったフランチャイズ問題は弁護士が解決可能!

男女

法律絡みの問題は弁護士に依頼が得策

フランチャイズの問題は、オーナーとフランチャイズ本部との契約の問題や労働環境とそれにまつわる労働法制の問題など様々な問題が横たわっています。こういった法律や契約などの絡んだ問題は多少のお金がかかっても弁護士に依頼するのが得策です。フランチャイズ問題を多く扱う弁護士は、多くの実績を残していることがほとんど。本部側とフランチャイジー側の両方からの相談も多数受け付けている経験があるので、問題解決のために動き出してくれます。相談無料なところもあるので、遠慮せずに足を運んでみましょう。

弁護士と行政書士の違い

弁護士の職務

弁護士の職務はというと、法人や個人からの法律相談や、テレビでも見ることのある裁判。また、示談などの交渉や契約書作成など法律に関わること事務を含めた全般が仕事です。一部の法律事務を行うことは行政書士にも認められているようですが、弁護士ではないので業務範囲がかなり限定されています。

行政書士の職務

行政書士には法律相談や裁判、交渉といったことは一切認められていません。契約書の作成や役所への登記と行ったことが主な仕事になってきます。弁護士には全ての業務が認められています。

トラブルなくスムーズに解決することが可能

弁護士は法律やトラブル解決の専門家と言えます。交通事故などの示談交渉でも弁護士に依頼することでトラブルなくスムーズに解決することができます。

弁護士依頼に関するQ&A

弁護士バッジ

弁護士に依頼するにはどうしたらいいですか?

まずはお住まいの地域の弁護士会や相談窓口に電話して依頼内容を話してみることをお勧めします。そうすると、その内容に応じて専門の弁護士を紹介してくれるでしょう。

弁護士に依頼できるのはどういった問題ですか?

労働問題、離婚問題、近隣とのトラブルなど弁護士に依頼できる問題は意外と幅が広いものです。まずは電話で相談してみると良いでしょう。一般論として、弁護士への相談に適したものでないことが分かればその場で教えてくれます。

弁護士に依頼するとどれぐらい時間がかかりますか?

これは一概には言えません。内容によって数年かかるものもありますし、数カ月で解決することもあります。しかし、弁護士がいなければ一人で戦わねばならないことが弁護士とともに戦うことで少なくとも日常生活を安心して過ごすことができると考えます。

弁護士依頼にかかる費用は?

これも依頼内容によりますし、各弁護士によっても異なりますので一概には言えませんが、一般論として、着手金数十万円、報奨金が問題解決による獲得額の数十パーセントといったところでしょうか。